これはニューカレドニアで作られた天国に一番近い珈琲カフェ・ル・ロワのお話です

まずは、ブルボン・ポアンチュがどこから来たのか?

皆さんも御存知の通り、ブルボンとは現在のフランス領レリュニオン島の名前で、 ブルボン・ポアンチュはアラビカ種の突然変異種で1711年にフランス東インド会社の アーダンクゥー氏によってレリュニオンで発見されました。 当初、ル・ロワさんという農園主によって栽培され始め、ル・ロワさんが亡くなった後も 1770年から100年間レリュニオンで栽培はつづきます。 このレリュニオン島から1856年にナポレオン三世の経済政策の一環として、 南太平洋における殖民地拡大により、カトリック系マリスト修道会のレリュニオン人宣教師が ニューカレドニアにブルボン・ポアンチュの苗を持ち込み、現在のサンルイ・ロベンソン地区に植えました。

1862年には農業技術者のアドルフ・ブータン氏が60000本の苗を配布し、 ニューカレドニア各地で栽培が始まりました。 1911年、マルティニック人の商人アルモガム氏がニューカレドニアのブルボン・ポアンチュを フランスのパリに持って行き販売したところ、コーヒーの専門家であり、 フランスの大手輸出入業者のポール・ジョバン氏の目に留まり、 彼によりアーブル・カレドニアンというニューカレドニアのブルボン・ポアンチュを フランスにて販売促進する会社が設立されました。

この頃ニューカレドニア各地でのコーヒー栽培は盛んで、ブルボン・ポアンチュや 他のアラビカ種を年間2000トンもフランス本国に輸出していました。 しかし、1860年代にはニッケル鉱石も発見され(埋蔵量世界第5位)、 コーヒー栽培よりも、自然災害に左右されることなく収入を得られる、 ニッケル鉱石発掘への主要産業の移行と同時に1940年代に入り害虫(赤蟻の一種)が、 ブルボン・ポアンチュの木に大きな被害を与え、各農家は栽培を止めてしまいました。

cherry1

ドメイン イダ・マーク農園 歴史

フランス人のマークさんは、開拓の為、1915年に政府より農地5ヘクタールを譲り受けました。 農地といっても海抜350メートルから400メートルの勾配のきつい山奥で、当時のニューカレドニアでは、 この土地が農業に適しているとはだれも想像できなかったしょう。
最近になって土壌を調べた結果、ニューカレドニアの中で、気候と土壌がコーヒーの 栽培に適している地域は3箇所だとわかり、その1箇所がなんとマークさんから受け継いだ土地、 現在イダ・マーク農園のある地域でした。
マークさんはル・ロワコーヒーをはじめ、ピーチ、プルーンなどを栽培し細々と暮らしておりました。 彼の妻、イダさんの間にも、11人の子供を栽培しちゃいました。

ida_mark1

マークさんが1945年に病気で亡くなった後、第一子の長女が11人分の相続分である農地を 買い取り、農業はせず、別荘として時々家族で訪れるだけの土地でした。
その後、その長女の夫が亡くなり、農園を売却しようと考えましたが、1997年、マークさんの 孫にあたるアクセルさんの夫、
ベローム氏(当時薬剤師)が土地を売却する前に山中を探索したところ、 1本のクリスマスツリーのような木に赤い実をたくさん付けているのを見つけ、 これはもしかしてコーヒーの木ではないかと思い、農業専門家に見に来てもらったところ、 なんと、この1本の木があの幻のコーヒー、ブルボン・ポアンチュの木だったのです。
翌年1998年にはこの木から200本の苗を栽培し、ベローム氏は義祖父母を称え、 イダ・マーク農園と名づけました。
2010年現在では、農地を14ヘクタールに広げ30000本のカフェ ル・ロワ(ブルボン・ポアンチュ) が栽培されています。

このコーヒーは、カフェ ル・ロワ(ブルボン・ポワンチュ)として当店ラ・ボン・ブーシュでも 2005年8月より、販売しています。

ida-marc_coffee kenngaku

インデックス

首都ヌーメアから130km標高350m―400m
ファリノ村の山中にある農園
40種類以上の樹木に囲まれ、コーヒー栽培に適した気候と土壌に適度な日陰
1998年再開拓、
2005年販売開始
現在栽培中コーヒー年間収穫量
  ブルボン・ポアンチュ 700kg―1t
  ブルボン・ジョンヌ 100kg-120kg
  ティピカ 200kg

収穫から袋詰めまでの工程

machine1

このコーヒー園の豆の収穫は伝統的な手作業でされ、完全に成熟した実だけを摘み取っていきます。
集めた実を豆と分離する作業に使う水は天然雨水で、3段階のフィルターを通した、きれいな水で フルウォッシュし、分離機で分けます。分離された果実は肥料として、再利用されます。


greenbeans

分離された豆は周りに付いている殻の粘液質をとる為、半日から1日、水につけます (ミューシレージの分離作業)。
豆の粘液質を取り除いた後、 乾燥用トレイに敷き詰めた豆を2~3日に一度裏返しながら約4ヶ月間 天日で満遍なく棚干し乾燥させます。 十分乾燥させた後、欠陥豆を手作業で取り除きます。

mashine2

次はパーチメント除去作業(脱殻)です。 パーチメント除去用の機械にて殻を除きスクリーンにかけ、同じ大きさの豆に揃えます。 ここで初めて生豆(グリーン・ビーンズ)となります。

保存はパーチメント除去作業前の段階で、殻がまだ付いている状態で湿気をさける為、 地面より1m以上棚上げし、断湿2重板(ポリエチレン、プラスチック製板)の上にて保存します。

ida_mark2

品種名
コフェア、アラビカ種ローリナ、
ブルボン・ポアンチュ
  BOURBON POINTU ©
生産国/地域
フランス領 ニューカレドニア
グランドテール島 ファリノ


ida_mark3


生産者
ドメイン イダ・マーク農園
欠点規格
3%/100g
スクリーン
スクリーン14アップ

ida_mark4 開花時期
9月~10月
収穫時期
5月~8月
精製方法
フルウォッシュド
その他
100% 棚干し、天日乾燥



©:2002年に商標登録(3110770)を取得。BOURBON POINTUの商標は イダ・マーク農園が加盟するUPCC(Unite de Promotion de la Cafeiculture caledonienne)に帰属してます。

本文中記載のフランス語固有名詞等は、 できる限り原語であるフランス語の発音にちかいカタカナ表示をしてあります。


元のページに戻ります